4月 192010
 

週末の雨上がり、広がった青空に誘われて、鎌倉の建長寺半僧坊へ行ってきました。

小学校時代から横浜で育った私は、小学校の遠足から始まり初詣など、建長寺さんはお馴染みの場所でした。半僧坊へも学生時代に、年越しの初詣に北鎌倉~建長寺~鶴ヶ岡八幡宮~長谷寺~江ノ島と夜通しで遊んだ中で毎年訪れたものでしたが、今回なんと35年ぶりに行ってきました。

半僧坊とは、建長寺の境内最も奥にある、建長寺の鎮守半僧坊権現で、明治23年に当時の住持であった霄貫道禅師が静岡県の方広寺から勧請したそうです。(初めて知りました・・・・)

半僧坊へ上る石段の途中には烏天狗の像があるのですが、この烏天狗君、私はその存在を35年の間すっかり忘れていましたが、相変わらずちょっと恐くてちょっと可愛くて懐かしくていい感じです。

半僧坊の烏天狗君



この35年間で20㎏も増えてしまった体重を抱えて階段を登るのはかなりの重労働で、なかなか進まないダイエットに気分を引き締めるには十分な、と言ってきつ過ぎはしない階段です。

半僧坊は、火除けや招福にご利益があるということですので、是非機会があったら烏天狗君に会いに行ってあげて下さい。

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/