9月 162010
 

9月6日の日本経済新聞朝刊に、『豊かなアジア、埋もれる日本 -購買力平価で見た1人当たりGDP、台湾や韓国猛追』という記事が掲載されていました。

曰く、「「豊かさ」を示す1人当たりの国内総生産(GDP、購買力平価ベース)で、アジアの新興地域が日本を急速に追い上げている。台湾は2010年が約3万3800ドル(約287万円)と、日本を上回る見込み。韓国も10年間で約1.8倍に増え、日本の水準に迫る。円高の影響もあって名目ベースの1人当たりGDPは日本がまだ上だが、生産性の高い製造業が立地するアジアの生活水準は大幅に向上している。」

台湾の1人当たりGDPは07年に3万ドルを超え、今年は初めて日本を上回る見込みだそうで、10年間で約1.7倍となり、世界ランキングも10年前の30位から2010年には24位に上がるそうです。(前出記事より)

確かに台湾は先日訪れて、数年前に訪れた時の台湾との差に、経済的な発展、文明的な向上を如実に感じ取ったばかりです。

また、私たちの事務所の関与先様には台湾の電子情報機器関連企業の日本子会社があるのですが、その会社の業績等を見ていてもここ数年の躍進ぶりは垣間見ることが出来ます。

我が国では昨日、民主党の代表選挙で菅総理が勝利して、これでようやく政権が再スタートすることになりました。

円高とデフレに翻弄され、少子化による生産人口の減少、産業の空洞化が将来像ではなく現実のものとして姿を現しつつある現在、今や日本は世界の経済大国であると誇れる力を持っているとは言い難いのではないでしょうか。

一刻も早く政治が正常化して、我が国の未来図=成長戦略を描いてくれることを願っているのは私だけではないですよね。

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/


9月 132010
 

今回もまた台湾で驚いた!事の続きです。

まずは、ネーミングの素晴らしさ!観光で訪れた先で、何と『情人道(Couple Road)』という道を発見。何てストレートなネーミングなんでしょうか。


「情人道」へ誘います




「二人でおいで」と誘っているような・・・・



ついでに、別な場所ですが『忠烈祠』という戦争で亡くなった方々を祀る祠の案内看板はご覧のように猿がチューしているような、何とも台湾の方のセンスが垣間見える図柄でした。

英霊を祀る祠の案内板とは思えません



次は、何と『光って回る柱』!こちらも有名な「龍山寺」というお寺で、お堂の中の柱が光りながらクルクルと回るという、負けずにハデな寺社もある日本でもお目に掛かったことが無いド派手な細工で、イヤイヤ驚きました。

龍山寺の光って回る柱

日本人が昭和の時代に置き去りにしてきた、タフな庶民パワーの塊のようです。

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/


8月 312010
 

台湾で驚いた事がいくつかあります。

一つ目は、日欧米資本の進出。
新幹線の駅に入っているファーストフードやキオスクは、「モスバーガー」、「STARBUCKSCAFE」、「RELAY」等、ほとんどが日欧米資本です。また、街中いたるところにセブンイレブン、ファミリーマートといったコンビニエンスストアが蔓延しています。

ご存知7-11



モスバーガーです



キオスクのRELAY



新幹線の発車を待つ間入ったレストランで、頼んだ品物が調理できるのを知らせるツールにもビックリしました。日本でも欧米でも番号札を渡されるのが普通ですが、ここではなんと「円盤」を渡されました。料理が出来るとこの円盤が光って知らせてくれるのです。

この不思議な円盤が



料理が出来ると光ります



 

 

 

 

次は、選挙広告の大きさ。
市会議員の選挙があるのだと思いますが、街中いたるところにこういった大きな看板が掲げられていました。日本のように定められたボードに定められた大きさのポスターを貼付けるのとは大きな違いの、ド迫力です。

どでかい選挙の看板?



もう一つ、バイク(原付)の多さ。
もう無茶苦茶な台数のバイクが街中を駆け巡って、しかもそれが日本人から見ていると、交通ルールがあるとは思えないような運転で、しかも絶妙な間合いと駆け引きで、不思議と接触をしないのです。

縦横無尽に激走するバイクの群れ



中国と日本と世界の中で絶妙なバランスを取りつつ繁栄を続ける台湾の、民族的なバランス感覚の根源を垣間見る気がしました。

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/


8月 252010
 

前回書いたように、6年ぶりに台湾へ行って来ました。

行ってみてビックリ!この6年の間に台湾は大きく変わっていました。

まず、新幹線。今回の旅は台北空港に着いてから、まず新幹線で高雄へ向かったのですが、前回台湾へ来たときには新幹線はありませんでした。
それもそのはず、この新幹線は2007年の開業ですから当時は無くて当たり前です。この新幹線は日本の新幹線技術を持ち込んで作った物だそうで、外観も日本の新幹線そっくりです。

日本の新幹線にそっくりな 「台灣高速鐵路」



次に中国(中華人民共和国)人の多さ。
最近日本でも、銀座や秋葉原で買い物をしているのは中国人ばっかりという事ですが、台湾の観光地でもまったくその通りで、故宮博物院では、開園早々中国人団体客が押し掛けて、正月の原宿竹下通りを彷彿とさせる大混雑ぶりでした。
彼の国の景気の良さをまざまざと見せつけられ、かつて世界を又に闊歩した高度成長下の我が国農協もかくやと思い、あまり非難を出来る立場では無いことを思いだした次第です。

それからビンロウ。前回台湾へ行ったときにはバスの車窓から見えるビンロウ小姐に目は釘付け!だった訳ですが、今回は全く見ることが出来ませんでした。
どうも風紀を乱すのと、ビンロウ小姐に見とれて脇見運転事故が絶えないために露出を禁止したようです。内心密かに楽しみにしていたのは否めないので、大きな声では言えませんがちょっとガッカリでした。

日本の後をしっかりとした足取りで、着実に一歩一歩追いついてくる台湾の足音が聞こえた気がします。

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/


8月 182010
 

明日からTKC関係の旅行で、4泊5日で台湾へ行ってきます。

台湾は2度目で、前回は平成16年ですから今から6年前に、事務所の社員旅行で行きました。

私の母親は、戦前(昭和6年)に祖父と祖母が台湾へ渡り商売をしていた時代に台湾で生まれました。戦争が始まる前に日本へ帰国しているので、私自身は台湾とは何らの縁もないのですが、母が生まれた地というだけで、何か特別な感じがするものです。

台湾と言うとイメージするのは、私にとっては故宮博物院(特に翠玉白菜)とビンロウですね。

故宮博物院は、故宮博物院のHPをご覧いただくと色々と出ていますのでそちらをご覧いただくことにして・・・・。

ビンロウは、噛みタバコのようなものですが、『檳榔子を細く切ったもの、あるいはすり潰したものを、キンマ(コショウ科の植物)の葉にくるみ、少量の石灰と一緒に噛む。場合によってはタバコを混ぜることもある。しばらく噛んでいると、アルカロイドを含む種子の成分と石灰、唾液の混ざった鮮やかな赤や黄色い汁が口中に溜まる。この赤い唾液は飲み込むと胃を痛める原因になるので吐き出すのが一般的である。ビンロウの習慣がある地域では、道路上に赤い吐き出した跡がみられる。しばらくすると軽い興奮・酩酊感が得られるが、煙草と同じように慣れてしまうと感覚は鈍る。そして最後にガムのように噛み残った繊維質は吐き出す。』(Wikipediaより)だそうで、前回台湾へ行った際には、街道のあちこちにこの「ビンロウ」を売る売店があり、それが一種の名物になっています。

どんな「名物」なのかというと、ビンロウの売り娘さんたちが、水着姿や下着姿で露出を競って客引きをしているというわけで、世のおじさんたちにはとっても目の保養になる光景が繰り広げられているわけですが、台北市内では風紀上の問題から規制されているようです。(写真はちょっと控えさせていただきますが・・・・)

いずれにしろ、明日8月19日早朝7時40分成田空港集合という早寝早起き老人型スケジュールで行ってきます!

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/