3月 222011
 

最近、『Wolfgang’s Vault』というWebサイトにはまっています。

Wolfgang’s Vault は、今は亡きビル・グラハム(Bill Graham)が残した膨大なコンサートテープなどのアーカイブにキング・ビスケット・フラワー・アワーズなどのアーカイブをまとめてストリーミング配信しているサイトで、2003年からやっているようですが、不覚にも最近まで知りませんでした。

ビル・グラハムという人は、60年代~70年代にかけて、サン・フランシスコに Fillmore West  と  Winterland、ニュー・ヨークに Fillmore East といういわゆるライブハウスを開き、当時のアメリカロックの中心的な敏腕プロモーターでした。

そのビル・グラハムのニックネームが Wolfgang なので、Wolfgang’s Vault というわけです。

Wolfgang’s Vault では、ロックだけではなく、ジャズやフォーク、ブルース、カントリーなどのコンサート音源がなんと無料で聴き放題なのに加えて、10ドル弱でダウンロード出来る音源も多数用意されています。

無料やたった10ドル弱での配信は、その音源の貴重さや、ほとんどがサウンドボード音源である事を考えれば、信じられないほどすばらしい内容です。

Fillmore が華やかだった頃、Grateful Deadというサン・フランシスコを代表するバンドは、自分たちのコンサートのファンによる録音を容認していたどころか推奨していたようですが、音楽をそんな風に共有し楽しむのは、インターネットが普及した現代~これからの文化の有り様を示唆しているのかも知れませんね。

既に他界したり解散したりしてしまっているアーティストの音源を聴き尽くして、新たな音源を求めてBootlegを買い漁って来ましたが、これでしばらくは大人しくしていられそうです。

Welcome to the world’s largest collection of live music audio, video and merchandise!

Fillmore のポスター 



 

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/

12月 082010
 

自己紹介にも書いているように、私は中学校1年生の時にロックに目覚めて以来、多少の『浮気』を除いて、ロック一筋の40年間を過ごしてきました。

出会いは当時の中学生の多くがそうであったようにラジオの「深夜放送」。友人が、先輩が聞いているというあの深夜放送を、親には「試験勉強」と言いながら夜中にこっそり聞いて、「明日の朝眠いな~」と思いつつ深夜2時3時まで聞いていました。

そんな中で出会ったロック。デビッド・ボウイの「The Jean Genie」や、エルトン・ジョンの「Crocodile Rock」、T・レックスの「Solid Gold Easy Action」、はたまたディープ・パープルの「Highway Star」とか、あの曲たちが私の人生を変えたと言っても過言ではない気がします。

その時から今までに聞いた曲、アルバムは数え切れませんが、現在自宅のiTunesには、約2,700枚のアルバムが登録されています。

最初に買った”洋楽” Deep Purple Live In Japan



30歳になる頃、これから先“親父”になるにつれてだんだんロックも聴かなくなるだろうし、いつまでもロック聴いてる場合じゃないよな~と思い、ちょっとジャズの道を歩みだした事がありました。

なんですが、やっぱり好きなものは歳を取ろうが何だろうが好きなので、結局ロック一筋40年になりました。先日仕事でお会いした方に「HP見ましたが、ロックがお好きなようですね」と言われ、「やめられないんですよ」と答えると、その方も同様にやめられないという事を仰ってました。三つ子の魂百までということでしょうか。

最近では、「俺の葬式には、Steve Miller Bandを流してくれるように」と家族に言っています。ちゃんと「遺言」書いておこうかな・・・・。

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/