3月 222011
 
Pocket

最近、『Wolfgang’s Vault』というWebサイトにはまっています。

Wolfgang’s Vault は、今は亡きビル・グラハム(Bill Graham)が残した膨大なコンサートテープなどのアーカイブにキング・ビスケット・フラワー・アワーズなどのアーカイブをまとめてストリーミング配信しているサイトで、2003年からやっているようですが、不覚にも最近まで知りませんでした。

ビル・グラハムという人は、60年代~70年代にかけて、サン・フランシスコに Fillmore West  と  Winterland、ニュー・ヨークに Fillmore East といういわゆるライブハウスを開き、当時のアメリカロックの中心的な敏腕プロモーターでした。

そのビル・グラハムのニックネームが Wolfgang なので、Wolfgang’s Vault というわけです。

Wolfgang’s Vault では、ロックだけではなく、ジャズやフォーク、ブルース、カントリーなどのコンサート音源がなんと無料で聴き放題なのに加えて、10ドル弱でダウンロード出来る音源も多数用意されています。

無料やたった10ドル弱での配信は、その音源の貴重さや、ほとんどがサウンドボード音源である事を考えれば、信じられないほどすばらしい内容です。

Fillmore が華やかだった頃、Grateful Deadというサン・フランシスコを代表するバンドは、自分たちのコンサートのファンによる録音を容認していたどころか推奨していたようですが、音楽をそんな風に共有し楽しむのは、インターネットが普及した現代~これからの文化の有り様を示唆しているのかも知れませんね。

既に他界したり解散したりしてしまっているアーティストの音源を聴き尽くして、新たな音源を求めてBootlegを買い漁って来ましたが、これでしばらくは大人しくしていられそうです。

Welcome to the world’s largest collection of live music audio, video and merchandise!

Fillmore のポスター 



 

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(required)

(required)