2月 012011
 
Pocket

この本を読んだのは十数年前、バブル期の最後に残った2泊3日人間ドックに入った時のことでした。

2日間病院に缶詰になるというので、以前友人の斎藤君から薦められていたStephen Kingを読んでみようと思って、「クージョ」ともう一冊(キャリーだったか・・・・)を持って行ったのでした。

表紙もコワイ! クージョ!



読み始めて、アッという間にストーリーに引き込まれ、完全に物語の舞台であるキャッスルロックへ行ってしまいました。
息もつかせぬ展開、読んでいて心臓がドキドキしてくる緊張、まるで眼前で展開されているかのような描写力。
スゴイです。

ストーリーは、『町外れの自動車修理工場で飼われているクージョは、体重二百ポンドのセントバーナード。子供好きで知られていたクージョだったが、ある日狂犬病にかかり、狂気のうちに飼い主を噛み殺してしまう。理由なき苛立ちにかられ、獲物を探し続けるクージョ。そんな事態を知らずに車の修理にやって来たトレントン母子は、その故障した車の中に閉じ込められてしまった。真夏の炎天下の中、夫は出張旅行、その他さまざまな不運が重なったために、救いに来る者はいない。恐れおののき、次第に衰弱していく我が子を前に、母親はひとり敢然とクージョに立ち向かい、決死の脱出を試みるが……。』 (・・・・、こちらもどうぞ)

一晩中「心電図」を付けていた晩に、結局3時位まで止められずに読んでしまい、翌日医師に「ずいぶん遅くまで起きていましたね~」とイヤミを言われてしまいました。

この日以来十数年、娯楽では所謂モダンホラーといわれるジャンルの本ばかり読むようになってしまいました。

この本は、まさに私の読書を根底から覆してしまった一冊です。斎藤君に感謝!

 

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/


 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(required)

(required)