6月 252017
 
Pocket

なんと驚いたことに、1年以上もブログを更新していませんでした。

何故か。

一番は忙しかったこと。

二番は他に文書を書く仕事が多くて、それ以上に書く気にならなかったこと。

何故再び書く気になったか。

一番は書くべき事は山のようにあることに気付いたこと。

二番目は自分が書かないと職員さんたちも書かないから。

会計士(税理士もですけれど)の仕事というのは、皆さんから「毎日毎日数字ばっかり見て大変ですね」、と言われるのですが、実は相当文系の仕事です。

今時は、厄介な計算は全部コンピュータがやってくれるので、我々の仕事は、まず事実認定、次に認定した事実を税法はもちろん、民法・会社法・その他の現行の法令・通達・判例に照らしてどう解釈すべきか考えることが最重要な仕事です。

悩むようなことはだいたいグレーゾーンにある事なので、事実から帰納的に考えるとどうなるのか、過去の事例があればどういう結論に至っているか、所轄官庁がどう考えるか、自分の内心ではどのような結論を望んでいるか等を総合的に解釈して判断します。

いずれにしろ全ての起点となるのは『事実』なわけですが、この『事実』というのを正確に把握することは実に難しいことです。

我々はお客様からお話を伺うのですが、その「お話」も、こちらの聴き方、導き方によって内容が変わったり、事実関係が漏れたり、別な事実と混同したりすることがあります。

私は職員の皆さんに、『事実』の正確な把握の必要性、重要性を事ある毎に説いていますが、私自身『事実』を如何に正確に把握するかということとは一生涯の戦いなんだろうと思っています。

そんな毎日の中で、ブログに書いてゆく事は一杯あるし、これを読んでくださる方(いるとすれば)の会社経営に多少なりとも役立てることがあるかも知れんなぁと思い再開させていただきました。

横浜で50年、600社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(required)

(required)