3月 232016
 
Pocket

昨今、マスコミの凋落が叫ばれています。

確かに、ニュース番組と言っても『ニュース』なんだか『バラエティ』なんだか判らないような番組だらけ、ニュースの渦中の個人について知りたくも無いような深部まで掘り下げて時間を潰し、他にも本来伝えなければならない事が一杯あるにも関わらずそれらには一切触れずに割愛するような番組ばかりです。

『報道機関』としての責務など忘れ去ったかのような時間潰しのための番組には呆れ返るばかりです。

娯楽番組にしても、お笑い芸人(芸の無い彼らを『芸人』と呼ぶのは躊躇われますが)とJニーズばかりで、テレビの向こう側の視聴者を楽しませるのではなく、自分達だけが楽しんでいる様子を延々と映し続けるだけの体たらくです。

今は亡き初代林家三平さんの真打ち披露公演で、三平さんが古今亭志ん生師匠に言われたとして話している事に、
『自分で言って笑ってるならあっち(客席)へ回って金払え』という下りがあったことを思い出します。
苦々しくチャンネルを回すのですが、どの局へ回しても五十歩百歩です。

過日、高市早苗総務相が、報道機関が政治的公平性を欠く放送を繰り返す場合には電波停止を命ずることがあるといった趣旨の発言で問題視されました。
そうであれば、まずNHKの電波を止めるべきでは無いでしょうか。


私は、本当に怖いのは明確な支持や批判の報道ではなく、『報道しないこと』による情報の遮断や表現の仕方によるマインドコントロールではないかと思っています。

インターネット上で流通している重大なニュースが、テレビでは全く取り扱われない事が如何に多いかは既に多くの方がお気付きの事と思います。

安保法制に係る報道の際には、新聞紙上には、日々「未だ『理解が得られていない』」という表現が使われていましたが、『理解が得られていない』=『いまは解っていないから反対しているけれど、理解すれば同意するはず』という事を暗に含んでいる表現であると私には読めました。

ほとんどのマスコミ(特に新聞)は政府=正、理解していない人たち=誤、という図式を最後まで崩さずに、『理解されていない』のではなく、『理解した』その上で『反対している』ということを頑なに認めようとしませんでした。

情報が氾濫しているように見えて、実は偏った流通が為されている現代、しっかりと目を見開いて自らの心で判断する覚悟が必要な時代です。

I know it’s true oh so true cause I saw it on T.V.
(”I Saw It On TV” by John Fogerty)



横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(required)

(required)