1月 152016
 
Pocket

先日久しぶりに10時過ぎに帰宅した日があったのですが、ちょっと驚いたのはそんな時間なのに電車から降りる小中学生がとても多かった事でした。

受験シーズン真っ只中ということもあってだとも思うのですが、その光景は私の目に異様に写りました。

もう50年近く前のことを比較に持ち出すのは論外かも知れませんが、小学校3年生までを過ごした世田谷の等々力でも、それ以降を過ごした横浜でも、当時塾へ通っている生徒はごく僅かでした。

横浜(二俣川)では塾へ通っている子供は、「おまえ何で塾なんて行ってんの?(バカじゃないの?)」と白い目で見られることもあった位でした。

子供の頃、我が家では子供は9時になったら寝るのが当たり前で、友人達の家でもほぼ同じような事だったと記憶しています。

そんな風に、塾も行かずに早寝早起きでしたが、我々の時代の学力が今の子供達のそれより大幅に劣っているようには思えません。

確かに私には電車の中に広告として張り出されている私立学校の難しい受験問題は解けませんが、そんなウルトラクイズのような問題を解ける必要が本当にあるのか疑問です。

先日の新聞に中学生の学習費が過去最高を更新したという記事が掲載されていました。学習費の半額は塾や家庭教師や参考書購入費が占めるそうです。

学校へ行き、塾へ行き、宿題をやり、ゲーム機で遊び、寝る。 そんな風に育って、将来我が国を背負って立つ人材が育つのか甚だ疑問です。

子供の頃から塾通いをして勉強しているはずなのに、大学生の学力低下が深刻な問題として取り上げられている現状もあるようです。一体どういうことなのでしょうか。

私は全くの門外漢で発言権が無いことは重々承知ですが、国家百年を見据えた本当の教育を施してあげなければ今も将来も子供達が可哀想だと思うのです。

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

(required)

(required)