8月 152017
 

今回は、ほとんどの方が多少なりともお持ちであろう『預金』です。

預金といってもいろいろな種類があります。

一般的には

・普通預金
・定期預金
・定期積金

といった預金が利用されています。

これらの預金は、金融機関にお金を預けて、預かった側の金融機関はそのお金を運用して稼ぎ、稼いだお金の中から預金者へ利息を払うことになります。
昨今は、あまり稼げていないし、あまり利息ももらえないのですが、仕組みはそういうことです。

ビジネスになると

・当座預金

も多く利用されています。

普通預金や定期預金等は、金融機関へ行き、必要書類さえあれば即時に開設出来るのですが、当座預金はそうは行きません。

当座預金は、預金からの支払い手段として小切手や手形を利用することになりますので、当座預金を開設するということは、現金支払以外の信用決済取引が可能になるということです。

金融機関側からすれば、一定の「信用」を与えることになりますので、過去の取引実績や過去の決算状況、当座預金を保有する必要性などから厳しい審査を行うことになります。

ネットバンクなどの普及で、手形・小切手の出番が激減している昨今ですが、当座預金の開設は企業の信用力のメルクマールであることには変わりないでしょう。

ところで、当座預金は手形・小切手を発行することにより支払を行いますので、その発行時点と支払時点にタイムラグが生じることになります。

決算組成や決算監査においては、このタイムラグ、即ち小切手を発行したのに未だ支払われていないものの内容を正確に把握して決算反映することが重要になります。

通常は、小切手を発行した段階で当座預金と負債の減少仕訳を起票しますので、その小切手が未落ちの場合には銀行が発行する「当座勘定照合表」の残高とは一致しませんから、「銀行残高調整表」を作成してその差異の内容を明らかにする必要があります。


また、小切手を発行しても起票しない場合には「当座勘定照合表」の残高とは一致しますが、そもそも負債の計上を行っていない場合などは、資産の過大計上や負債の不計上になり、粉飾決算となる事もありますので厳重な注意が必要です。

以前監査法人時代には、12月決算の会社の現金・預金実査、棚卸立会に大晦日や正月早々に泣く泣く駆り出されて、年末に大量に発行されている未落ち小切手の確認作業をやったりしたものでした。
今考えれば、あれは後日やっても良かったのではないかと思います。


お客様の経理内容を見ていて時々不思議なのは、発行した小切手が何ヶ月も未落ちのままになっていることがあります。

小切手の呈示(引換)期間は、発行日を含んで11日間です。
また、小切手は上記の11日間経過後6ヶ月で消滅時効を迎えてただの紙切れになってしまいます。

せっかく働いてもらった小切手を、みすみす紙切れにしてしまうなんて、そんな経営者ではいけないと思います。
もらった小切手は、簿記会計上は『現金』勘定になります。即ち、『現金』と一緒ですから、大切に保管しなるべく早く現金化することが大切です。



横浜で50年、600社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

7月 192017
 

誰でも知っている、そしておそらく多少なりとも持っている『現金』。

広辞苑で調べてみると、

1.現にその場にある金銭。ありがね。げんなま。
2.通用の貨幣。
3.簿記上で、通用の貨幣、及び即時貨幣に交換され得る銀行宛小切手・銀行振出の送金手形・預金手形・郵便為替・振替貯金払出書・官庁支払命令書など。
4.即座の現金授受。
5.利害関係によって、その態度・主張をかえること。

とされています。

この「現金」は、簿記・会計、そして会計監査の世界でも最大の難物です。私はよく「現金」をすぐに調理しないとダメになってしまう『生もの』に例えます。入出金の都度、すぐに記帳しないとあっという間に分からなくなってしまうことがあるからです。


以前銀行の会計監査に携わっていた時の話です。

ある支店へ監査で伺い、閉店後支店側で現金を閉めて帳簿を締めた後、現金の実査をさせていただきました。
ところが、支店担当者が現金残高と帳簿が一致していることを確認したはずなのに現金残高が50円足りなかったのです。
銀行といえば「現金」を扱うプロ中のプロです。しかもついさっき現金残高と帳簿が一致していることを確認したはずなのに足りなかったのです。
支店長も大慌てで、小一時間探したのですが分からず、結局現金過不足で処理しました。


また、これは会計事務所での話。

ある会社で帳簿上の現金残高が800万円近くあるので、社長にそんなに現ナマを置いておく必要があるのか確認したところ、そんな必要は無いとのこと。
社長も不審に思い、経理担当者へ確認し現金実査をすると現金は十数万円しか無く、差額は経理担当者が遊興費に使い込んでいた事が発覚したこともありました。


私の会計士の大先輩は、「監査は現金に始まり現金に終わる」と言っていましたが、現金はしっかり掴んでおかないと、ウナギのようにヌルヌルと逃げ出してしまうのです。


中小企業、特に小零細企業では、(「現金出納帳」は青色申告の要件のはずなんですが・・・・)会社の現金を別管理して「現金出納帳」を記帳して、定期的に現ナマと帳簿の照合を行っている会社はごく少数ですが、特に他人に現金預金の管理をお願いしている場合には、会社のためにも現金預金を管理している人のためにも、定期的に現ナマと帳簿の照合、預金残高の照合を行うことをお薦めします。


横浜で50年、600社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

6月 252017
 

なんと驚いたことに、1年以上もブログを更新していませんでした。

何故か。

一番は忙しかったこと。

二番は他に文書を書く仕事が多くて、それ以上に書く気にならなかったこと。

何故再び書く気になったか。

一番は書くべき事は山のようにあることに気付いたこと。

二番目は自分が書かないと職員さんたちも書かないから。

会計士(税理士もですけれど)の仕事というのは、皆さんから「毎日毎日数字ばっかり見て大変ですね」、と言われるのですが、実は相当文系の仕事です。

今時は、厄介な計算は全部コンピュータがやってくれるので、我々の仕事は、まず事実認定、次に認定した事実を税法はもちろん、民法・会社法・その他の現行の法令・通達・判例に照らしてどう解釈すべきか考えることが最重要な仕事です。

悩むようなことはだいたいグレーゾーンにある事なので、事実から帰納的に考えるとどうなるのか、過去の事例があればどういう結論に至っているか、所轄官庁がどう考えるか、自分の内心ではどのような結論を望んでいるか等を総合的に解釈して判断します。

いずれにしろ全ての起点となるのは『事実』なわけですが、この『事実』というのを正確に把握することは実に難しいことです。

我々はお客様からお話を伺うのですが、その「お話」も、こちらの聴き方、導き方によって内容が変わったり、事実関係が漏れたり、別な事実と混同したりすることがあります。

私は職員の皆さんに、『事実』の正確な把握の必要性、重要性を事ある毎に説いていますが、私自身『事実』を如何に正確に把握するかということとは一生涯の戦いなんだろうと思っています。

そんな毎日の中で、ブログに書いてゆく事は一杯あるし、これを読んでくださる方(いるとすれば)の会社経営に多少なりとも役立てることがあるかも知れんなぁと思い再開させていただきました。

横浜で50年、600社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

6月 152016
 

税務調査のシーズンで、何件かの税務調査の立合を行っています。

税務調査は、税務署からお客様のところと事務所の双方に、「いつ頃に何日間の予定で税務調査をお願いしたい」、という連絡から始まります。

税務署の調査官は、基本は10時にやって来ます。我々会計事務所の人間は、30分~1時間前には社長に調査の流れや心構えをお話しして準備します。

調査官が到着すると、まずは社長や重役を交えての挨拶と名刺交換から始まります。

午前中は会社の概況や事業内容、業界を取り巻く環境などのヒアリングが行われます。この際に、「会社案内」や「従業員名簿」「座席配置図」等の提出を求められます。

お昼休みは、調査官は必ず一旦退出して外で昼食を取ってきます。周囲に全く飲食店が無い環境の場合にはやむを得ず会社が用意した昼食を食べる場合もありますが、その場合でも実費を支払います。

先輩の税理士さんからは、「昼飯がてら一杯やって、そのまま帰ってもらったもんだよ」なんて話を聞かされますが、最近ではそんなことはありませんので念のため。

午後からは実際の調査が始まります。

調査官が主に見る帳簿は「総勘定元帳」です。

総勘定元帳を見ながら、特に期末前後の取引や金額的·質的に重要な取引をピックアップして、「領収書」「請求書」「納品書」等の証憑書類を見て行きます。

必ず見られるのは、「売上高」「仕入高」「棚卸」などの期間帰属の適切性です。

人件費(源泉所得税)に関連して「一人別源泉徴収簿」の提出も求められます。

最近の調査では、大量のコピーを取って持ち帰り、税務署へ戻ってからさらに詳細にチェックされることが多いです。

現地での調査が終わってから、早くて2週間、長いと2ヶ月近く掛かって結論が出てきます。

指摘事項があり認めざるを得ない場合には「修正申告書」を作成して提出することになります。同時に修正申告に伴う税額の増差分を納付することになります。

利息に相当する「延滞税」、税金が少なかったことに対するペナルティの「過小申告加算税」は、後日税務署が計算して納付書を送ってきます。

何も問題ない場合には「申告是認通知」が送られてきます。
これは会計事務所にとっては最高の「通信簿」です。


税務調査は会社にとっても会計事務所にとっても鬱陶しい、出来れば遠慮したいものですが、時として社長も我々も気がついていなかった間違えや弱点を明確にしてくれる時もあります。

折角大切な時間を費やすのですから、何かしらプラス材料を見つける時間にするよう心掛けています。


横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama


5月 162016
 

もう二十数年前になりますが、監査法人TKA飯塚毅事務所に在籍していた時の話です。

当時事務所に在籍していた若手会計士と会計士補が、一人づつ茅ヶ崎の飯塚先生のご自宅へ呼ばれ、飯塚先生と一対一での面談を受け、その後夕食をご一緒させていただくという機会をいただきました。

茅ヶ崎駅からタクシーに乗り、「「飯塚さんのお宅」と言えば分かるから」と言われていたのでそのとおりに「飯塚さんのお宅までお願いします」というと、何も聞かれずに飯塚先生のお宅まで無事に到着しました。

玄関まで奥様がおいでになり、居間へ通され、お茶をいただきながら飯塚先生のお話を伺いました。細かい話は忘れてしましましたが、まあ「しっかり勉強しなさい」という事を言われ「判りました」と答えました。でも、今日に至るまで、その約束はまったく果たされていません。

その後お抱えの運転手さんが運転する大型のキャデラックで、茅ヶ崎の細い道を通り抜け、今は無き鵠沼のスエヒロでしゃぶしゃぶをごちそうになりながら飯塚先生のお話を聞かせていただきました。

情けない話ですが、後半は飯塚先生と自分のレベルのあまりの格差に段々と辛くなり、早く解放されたいと思っていたのが正直なところではあります。

飯塚 毅 先生

飯塚 毅 先生



あれから二十数年、今となれば的はずれの事ばかり飯塚先生に問い、自らのレベルの低さばかりを顕にした若き自分の愚かさに腹が立ち赤面後悔することばかりです。まったく後悔先に立たずとはこのことです。

そのなかで、今でも自分にとって大切な宝となった飯塚先生の言葉があります。

それは、『どんなことがあっても動じない心構えを持ちなさい』ということです。

世の中広大無辺ですから、むしろ知っていることの方が少ないのです。

これを税務会計のことだけに限定しても、現行の税制や制度会計、法律を網羅的に知悉している人はほんの一握りでしょう。

私は、『どんなことがあっても動じない』ということは、『どんなことでもたちどころに答えられる』ということではなく、たとえ知らない·判らないことでも、『知らない·判らないことで相手を不安にさせない』と理解しています。知らないことを聞かれて、そこでオロオロすればたちどころに信頼を失うでしょう。

私は、知らないことを正直に知らないと言い、それを調べる力を持っているのがプロフェッショナルだと思っています。

もうひとつ。『答は必ず三つ用意すること』です。

強気・弱気、積極的・消極的、攻め・守り、善意・悪意等々、その時々の状況や問題の内容により、中庸を含めて必ず三つです。

人によって価値観は多様ですから、こちらの正解が相手の正解とは限りません。相手の方に、考えて選択してもらう余地を持ってもらうことには重要な意味があると思っています。

税理士·会計士としての『対応力』は、「知識」を前提にして、『どんなことがあっても動じず』『答は必ず三つ用意すること』だと思いながら、日々を過ごしています。

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

4月 122016
 

少し前の新聞(日本経済新聞 平成28年2月24日朝刊)に、企業イメージの総合ランキングに係る記事が掲載されていました。

曰く、ビジネスマンが抱く企業イメージの総合ランキング第1位は15年連続でトヨタ自動車、2位には前回5位だったオリエンタルランド、3位はグーグル(前回2位)、4位はアップルジャパン(前回4位)、5位は味の素(前回6位)、6位には日清食品(前回10位)がランクインしています。

総合得点の増加幅が最も大きかったのはセイコーエプソンで、なんと前回159位から一気に54位へ飛躍したそうです。

総合得点を大きく伸ばした企業の項目別の寄与度を調べたところ、最も寄与度が高かったのは『信頼性』だそうです。

某国のにせブランド問題はともかく、我が国でも耐震強度偽装事件に始まり、免震ゴムの偽装問題、マンションの杭打ち改ざん等々、さらには会計監査の業界でもオリンパスや東芝の会計偽装問題等、枚挙に暇が無い昨今ですから、『信頼性』というキーワードが重要視されているのは納得です。

中小企業の会計業界でも、決算書の信頼性を確保するために、「中小企業の会計に関する指針」や「中小企業会計要領」などが発効され、これらの会計基準に準拠した決算書の作成が求められています。

これらの会計基準に準拠して決算書が作成されている場合には、決算書の「個別注記表」にその旨が記載されていますから一目瞭然です。

また、会社が作成する帳簿が、会社法第432条に定められるように、「適時に、正確な会計帳簿を作成」されているかどうかも重要なポイントです。

TKC全国会では、『記帳適時性証明書』を発行して、会社の帳簿が適時に作成されていることを証明しています。


社長、まずご自身が信頼できる、社長の意思決定に役立つ決算書を作りましょう。

そして、「決算書」は会社の顔です。
銀行も、信用調査機関も、税務署さえも見ています。

中小企業でも、もう既に、決算書の『信頼性』が重要視される時代が来ていますよ。





横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 

3月 232016
 

昨今、マスコミの凋落が叫ばれています。

確かに、ニュース番組と言っても『ニュース』なんだか『バラエティ』なんだか判らないような番組だらけ、ニュースの渦中の個人について知りたくも無いような深部まで掘り下げて時間を潰し、他にも本来伝えなければならない事が一杯あるにも関わらずそれらには一切触れずに割愛するような番組ばかりです。

『報道機関』としての責務など忘れ去ったかのような時間潰しのための番組には呆れ返るばかりです。

娯楽番組にしても、お笑い芸人(芸の無い彼らを『芸人』と呼ぶのは躊躇われますが)とJニーズばかりで、テレビの向こう側の視聴者を楽しませるのではなく、自分達だけが楽しんでいる様子を延々と映し続けるだけの体たらくです。

今は亡き初代林家三平さんの真打ち披露公演で、三平さんが古今亭志ん生師匠に言われたとして話している事に、
『自分で言って笑ってるならあっち(客席)へ回って金払え』という下りがあったことを思い出します。
苦々しくチャンネルを回すのですが、どの局へ回しても五十歩百歩です。

過日、高市早苗総務相が、報道機関が政治的公平性を欠く放送を繰り返す場合には電波停止を命ずることがあるといった趣旨の発言で問題視されました。
そうであれば、まずNHKの電波を止めるべきでは無いでしょうか。


私は、本当に怖いのは明確な支持や批判の報道ではなく、『報道しないこと』による情報の遮断や表現の仕方によるマインドコントロールではないかと思っています。

インターネット上で流通している重大なニュースが、テレビでは全く取り扱われない事が如何に多いかは既に多くの方がお気付きの事と思います。

安保法制に係る報道の際には、新聞紙上には、日々「未だ『理解が得られていない』」という表現が使われていましたが、『理解が得られていない』=『いまは解っていないから反対しているけれど、理解すれば同意するはず』という事を暗に含んでいる表現であると私には読めました。

ほとんどのマスコミ(特に新聞)は政府=正、理解していない人たち=誤、という図式を最後まで崩さずに、『理解されていない』のではなく、『理解した』その上で『反対している』ということを頑なに認めようとしませんでした。

情報が氾濫しているように見えて、実は偏った流通が為されている現代、しっかりと目を見開いて自らの心で判断する覚悟が必要な時代です。

I know it’s true oh so true cause I saw it on T.V.
(”I Saw It On TV” by John Fogerty)



横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

 

2月 282016
 

確定申告真っ盛りです。

給与収入以外の収入がある方を主に、前年の所得税の計算を行い申告する所得税確定申告と、同じく前年の贈与税の申告期限が3月15日になります。

毎年のことですがこの時期は私たちの最繁忙期で、私自身も職員の作成した確定申告書にミスが無いことを確認するために、週末も出勤して確認チェック作業に勤しんでいます。

先日、従来確定申告をしていない知人に「ちょっとした事業収入があるので確定申告をお願いしたい」と言われたのでご自宅へ伺ったのですが、失礼な話ですが報酬を頂戴してやるほどの内容では無かったので、「手取り足取り教えるからご自身でやられた方が良い」、とアドバイスをさせていただきました。

ところが、いざPCの前に一緒に座って収入・経費の集計作業から国税庁のHPでの申告書等作成に至ったところで音を上げられてしまいました。

ご本人曰く、「自分が何をしているのか分からないし、とても気疲れするので、やっぱりちゃんと払うからやってくれ」と仰るのです。

私たちにとっては、何てことは無い簡単な事でも不慣れな方にはとても大変なことなんだということに改めて気付きました。

まあ、私自身も『そんな面倒くさいこと、お金払っても良いから片付けてくれ』ということがままあります。

職員が作成した確定申告書の点検チェックをしていると、中には単なる集計作業の延長のような、報酬を頂戴するのが申し訳ないような内容のものもあるのですが、お客様からするとそれでも助かるんですね。

あと二週間、しっかり間違えの無いように確認させていただきます。

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!



税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

2月 182016
 

私たち税理士法人横浜総合会計が入居するビルにほど近い、横浜西口の天理ビルの前は観光バスの集合地なっていて、朝はこれから出発する人、夕方は帰ってきた人が大勢集まる場所になっています。

最近では早く休みに入った大学生たちが、サークル活動なのでしょう、朝から大勢集まって、それぞれの荷物に加えて、バスの道すがらのお供でしょう、段ボール箱に入れた飲み物や食料品を携えてバスがやってくるのを待っています。

時には歩道一杯に広がって通行の邪魔になっている団体もいますが、まあまあ自分も40年前は同じ事をやっていたなぁ、と思いつつすり抜けて事務所へと向かっています。

私の学生時代は、所謂「学生運動」が終焉を迎えつつある時代でしたが、まだまだキャンパス内には 「革マル派」「全共闘」「中核派」などの立て看板が乱立していました。
とはいうものの、正門前には機動隊が常駐していましたが、学内の闘争で死傷者が出たのは私が大学2年生の時が最後だったと記憶しています。

私の学生時代は、ダイビングに明け、マージャンと酒に暮れる全くのノンポリで、学生運動とは無縁(もちろん税理士も公認会計士も無縁)でしたが、最近のSEALDsなど若者の政治活動をTVで見ると、こういう若者の活動がすんなりと出てくる今の学生たちは捨てもんじゃあ無いなぁと思います。

ダイビング部の夏合宿で沖永良部島

ダイビング部の夏合宿で沖永良部島 1978



いずれにしろ、私たちの国を背負っていってもらわなければならない若者たちには、『就職へ向けて』 以外の学生時代しか出来ない事をたくさん楽しんで、人生の幅を大いに広げてもらいたいと思います。

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama

1月 262016
 

ずいぶん前ですが新聞に米国のチップについての記事が載っていました。

曰く、「日本人の多くはチップは良いサービスの評価として支払うものと思っているが、チップは彼らの重要な収入源であり、雇用者に代わって従業員の給与の一部を払っているのだ。」、ということだそうです。

私自身これまでチップの習慣がある国へ行くと、レストランやタクシーでは料金の15%程度、ベルボーイやポーター、部屋の掃除には1ドルを払っていたのですが、どうも大間違えのようです。

その記事によると、ベルボーイやポーターに1ドルは良いとして、レストランでは概ね20%、部屋の掃除には3~5ドル、タクシーは運賃の10%~20%だそうです。

そもそも従業員には顧客と直接接してチップを収入の一部とする Tipped Employee と、顧客と直接接しない Non Tipped Employee がいて、前者の給与は後者に比べて低く設定されており、その差額はチップで補われ、さらに足りない場合には雇用者が補填するのだそうです。

知らなかったとはいえ、ずいぶん多くの人に不快な思いをさせてきた事に気づきました。

昨年の夏にボストンで乗ったタクシーの運転手にチップが少ないと文句を言われたのは私のせいだったんですね。申し訳ない!

とは言うものの、チップが無い国の国民としてみれば、面倒くさい制度であることには間違え無いです。

横浜で45年、500社以上の実績
横浜総合会計|中小企業の『経営改善』支援します!

税理士・公認会計士 原科 立郎
http://www.yokohama-sogo.com/
http://www.facebook.com/zeirishi.yokohama